創業スクールを経て

経産省認定創業スクールの卒業生の紹介です。

Vo,5 「認定創業スクールを経て新事業を展開」より

 

塩釜商工会議所主催・塩竈市役所後援の創業スクールを受講し、昨年念願のお店をオープンした渡邉 敬久さんの事例が紹介されています。以下は、紹介サイトからの一部引用です。

“果物の魅力を知ってもらいたい!”という思いから、長年にわたり商品開発を積極的に行うが、どうすればビジネスという”カタチ”にできるのか考えあぐねる中、創業スクール(塩釜商工会議所主催・塩竈市役所後援)の第二創業コース(業務転換や新事業・新分野への進出に特化したコース)を受講した渡邉 敬久さん。

主催する塩釜商工会議所の経営指導員 星 裕介さんと講師である水上 洋介さんの親身なアドバイスを受け、ビジネスプラン「果物屋さんのジェラート」を練り上げた。

「自分の視点と他人の視点は違う。間違いを含めてちゃんと指摘をしてくれるのが嬉しかった」と渡邉さんは振り返る。

多くのビジネスプランをサポートしてきた水上さんから見ても、“強み”と”市場”をしっかりと捉えたビジネスアイディアに、数値根拠や環境分析などが反映され、実現性の高いビジネスプランに仕上がった。

このビジネスプランは、中小企業庁主催の第2回全国創業スクール選手権でファイナリスト(8名)に選ばれ、その評価も寄与し日本公庫からの融資も決まった。

創業スクール卒業後もコンセプトや理念の整理、店名やショルダーコピーの開発、ショップブランドカラーやロゴなどのブランド構築、チラシやカードなどツールの制作、オープニングレセプションの企画など、多岐にわたり星さんと水上さんのサポートは続いた。(引用は、ここまで)


実現性の高いビジネスプランが重要!

ACS主催で9/10(日)スタートの『創業・新規事業立上げに失敗しないための ビジネスシュミレーション講座』で座間正信講師も参加者にきちんと伝えていましたが、ビジネスコンテストで入賞するためだけではなく、実際のビジネス展開に「あらかじめ、実現性の高いビジネスプランを作ることが重要!」ということを現わしていると思います。

ACSは伴走型の起業・創業支援を行っています。一緒に、夢をカタチにして行きませんか?

 

★10/8(日)スタート 申込み受付中!

10/8(日)経済産業省認定 創業スクール「創業・新規事業立上げに失敗しないための ビジネスシミュレーション講座」

※募集は締め切りました。

 

講座に関するお問合せはこちらから。

 

About Admin

個人法人を問わず起業を目指している人たち及び、起業して企業経営者となった人たちに対して、企業経営に必要な知識と情報を提供し、それぞれの事業計画に基づいて滞りなく進めることができるように、実務、経営と心理の総合面からのサポートとコンサルに関する事業を行い、地域コミュニティとの連携を積極的に図ってビジネスマッチングを加速させ、起業を通して地域を活性化することに寄与することを目的とする特定非営利活動法人 ACSアシストコミュニティ静岡のオフィシャルサイトです。