中小企業庁の「潜在的創業者掘り起こし事業」に認定されました

【創業スクール開催 認定】
中小企業庁の「潜在的創業者掘り起こし事業」の一環で行われる「創業スクール」の開催団体としてACSが認定されました。

10/8(日)経済産業省認定 創業スクール「創業・新規事業立上げに失敗しないための ビジネスシミュレーション講座」

 

今年5月から公募説明会(東京開催)に参加したり、応募条件をクリアするための条件がいくつかあるのですが、なかなか難しく・・・。例えば、応募条件が ↓

(1)地域プラットフォームに登録された代表機関もしくは構成機関
・公募期間終了時までに、地域プラットフォームに登録されていること。
・地域プラットフォームについては下記参照。 https://www.mirasapo.jp/regionplatform/all.html

(2)産業競争力強化法に基づく認定を受けた創業支援事業者
・産業競争力強化法に基づき、国からの認定を受けた創業支援事業計画に従って、 市区町村と連携して創業支援に取り組む法人であること。

*本事業は、特定創業支援事業に位置づけることが可能である。 第11回認定(平成29年5月下旬)を含む。ただし、本公募への申請が、創業支援事業計画の法律認定との同時申請となる者について、認定に至らなかった場合、本要件には該当しないこととする。

(3)上記の要件(1)、(2)と同等の支援能力を有すると認められる法人で、かつ所在す る地域において他の支援機関等と連携することが可能な法人とする。
他の支援機関等との連携については、公募申請書にて連携内容及び実績につい て詳細に記載すること。

↓ ↓ ↓

(1)この地域のプラットフォームは商工会議所と商工会のみ
(2)は、商工会議所のことだと知り、当初より非該当
(3)は、過去2期分の決算書(財務諸表)の提出が条件であり、新設法人では難しい

と、どれにも該当しそうになかったのですが、何度か事務局へ電話して「応募はできますよ。」という言葉に、講師をしてくださる座間さんにも相談し、「やるだけやってみよう!」ということで、ACSの法人設立登記終了と法人番号が届くのを待って応募。

⇒ それがなんと!今日、認定のメールが届きました。(^^♪

認定されることが目的ではありませんが、「行動する」ことで扉が開くんだなぁ!と感じた今日の出来事でした。(^.^)

以下のサイトの[What’s new]
08月08日 第2次公募創業スクール認定団体公表にACSが認定団体として公表されています。

https://www.pasona.co.jp/pr/sougyou/2017/

https://www.pasona.co.jp/pr/sougyou/2017/docs/s_list2.pdf

 

相乗効果を活用

9/10(日)『創業・新規事業立上げに失敗しないための ビジネスシュミレーション講座』の参加者募集と合わせて、『認定創業スクール』10/8(日)スタートの募集も進めていきます。

沼津市後援『定年後の起業』を支援する事業

講座内容が1~5回まで同じ内容を扱いますので、『参加出来ない回のフォロー』や『2回受けてよりしっかりと身に着ける!』など、2つの講座開催の相乗効果を活用してくださいね。

これから、積極的にお知らせしていきます。