RITA5号

JAL再生を先導した哲学・教育を教育の場へ

教育から「利他の世界の実現」を目指す(リタラボ)

立命館大学 OIC総合研究機構 稲盛経営哲学研究センター RITA LABO(リタラボ)で同センターの創設から席を置いている姪からの暑中見舞いメールに「稲盛さんの【JAL再生を先導した哲学・教育プラットフォーム研究】が発表されたよ」とあったので読んでみました。

姪からは、昨年会った時に「JAL再生の過程を研究し、それを教育に『活かせないか?』⇒『活かしたい!』という稲盛さんの強い思いからこのセンターが発足した。」と聞いていたので、これからは、『研究結果を教育に活かして行こう!』に入ったのですね。 

教育現場だけではなく、会社組織、団体、家族でも通じるものがある「利他」の心や「生きがい」や「生きる力」。やることがいっぱいの中でも心のサプリメントになるかも!です。(^.^)

RITA5号
JAL再生の哲学・教育 v o l. 研究リポート

姪が送ってくれた広報誌「RITA vol.5 特集 JALフィロソフィ教育。再生への推進力。」の中からの抜粋です。

稲盛経営哲学研究センターにおいてRITALABOは、研究と社会をつなぐオープンラボの役割を担っています。

そこで、本誌P4〜17で紹介した「JAL再生を先導した哲学・教育プラットフォーム」研究の成果を教育現場に還元するために、立命館附属校である立命館宇治高校及び立命館守山中学校の協力を得て、JAL社員の働き方に学ぶ授業案を開発、実施しました。

現在の日本人にとって最も一般的な「会社や組織に所属して働く」という働き方は、生徒たちからは見えにくく、ニュースや大人たちから聞く、「長時間労働で大変そう」「自分の意見を言えず、命令に従うだけ」というイメージが先行しています。

しかし実際は、労働によって社会や人々の役に立つという実感を得たり、生きがいや思いを実現し、「生きる力」を鍛えられる場でもあります。

そんな企業の現場について生徒たちに理解してもらうことを目的に、教材開発を進めました。

 

【JALフィロソフィ(哲学)】

実際にJALの再生で稲盛さんがやられたことを、8つの現場と人材教育担当部門のJALグループの社員33人にインタビューし、JALフィロソフィ教育の浸透プロセスを明らかにし「JAL再生を先導した哲学・教育プラットフォーム」研究のリポートにまとめたそうです。(JAL再生の哲学・教育 v o l. 研究リポートより)

「第1部 すばらしい人生を送るために」

JALフィロソフィ

「第2部 すばらしいJALとなるために」

JALフィロソフィ

 

【教育現場への実践」

小学校を始め、中高とも連携して実践を開始しているようです。今のところ、大阪で開催ですが、その内全国にも広がるのではないでしょうか?(^.^)

稲盛さんがご自身の持論を身をもって証明したJAL再生。その研究結果からも新たな教育の扉が開かれると良いですね。

  • 家庭・地域社会・学校・企業と分断された教育を生き方(哲学・道徳)をベースに統合
  • 人々が利他の心で一貫したアイデンティティやキャリアデザインを構築できる社会を目指す
  • 幼少期に学んだ道徳をベースにフィロソフィ(哲学)をもって働くことで企業が生まれ変わる

 

ALフィロソフィを活かすイベント

 

【参考にしたいです⇒稲盛イズム】

 

【メルマガ登録】

教育は、どの分野でもとても大事なことですので、多くの方に読んで頂きたいなぁ!と思いました。私も、無料のメルマガ登録を早速しました。(^.^)

 

Facebookページはこちらです。↓ ↓ ↓

 

Categories: 教育Tags: ,
About Admin

個人法人を問わず起業を目指している人たち及び、起業して企業経営者となった人たちに対して、企業経営に必要な知識と情報を提供し、それぞれの事業計画に基づいて滞りなく進めることができるように、実務、経営と心理の総合面からのサポートとコンサルに関する事業を行い、地域コミュニティとの連携を積極的に図ってビジネスマッチングを加速させ、起業を通して地域を活性化することに寄与することを目的とする特定非営利活動法人 ACSアシストコミュニティ静岡のオフィシャルサイトです。