スマートシニアを目指して

今出来ること「スマートシニアの重要性」

2017.6.3 三島市民活動センターで行われた第8回『三島市民活動フェスティバル』に参加して、ジモット スマホ・パソコン教室からの活動報告と高齢化社会に向けての提案を行いました。

昨年(2016)11月から毎週1回、スマホやタブレット、パソコンの操作方法を学ぶ教室を開催しています。

三島市議の野村諒子さんからの声掛けで始まりました。

 

約半年間の活動として参加回数や学んでいる内容、教室の様子などをプレゼンで紹介しました。ビデオは、You Tubeで開きます。(4分強)

 高齢化社会に向けて「今出来ることスマートシニアの重要性」(提案)

高齢化社会に向けて「今出来ることスマートシニアの重要性」(提案)
2017.6.3 第8回『三島市民活動フェスティバル』にて、ジモット スマホ・パソコン教室からの活動報告と高齢化社会に向けての提案を行いました。それを短く編集したビデオです。

2.5人に1人が65歳以上

良い機会なので、以前から思っていた「スマートシニアの重要性」について分かり易く、教室の参加者の様子を交えてお話させて頂きました。

今から30年後の日本の人口構成(推計)が、内閣府から発表されていますが、それによると2.5人に1人が65歳以上で、4人に1人が75歳

 

スマートシニアの重要性

50代、60代でガラケーオンリーという方も多いように思います。私の周りでも「そう言えばあの人も、この人も・・・」と。仕事から離れてしまうと「パソコンも使わないし、スマホも必要ない。」と思うようです。でも、これからますますICT(情報通信技術)やAI(人工知能)が発達して行くでしょう。

30年後と言わず、後数年のことかもしれません。便利で、使い方も簡単。特に難しいことを覚えなくても使えるかもしれません。でも、機械に故障はつきもの。ソフトやOSにバージョンアップはつきもの。

詳しい人が居てくれたら

そう、使い慣れて来ると「困った時」はそんなにあるものではありませんが、何年に1回か必ず来る故障や機種変更の時、困ってしまわないための対策として、

自分が使える人になっておく

詳しい仲間が居る

今でさえ、リカバリーソフトや取説がパソコンの中に入っているのが当たり前の時代。その起きないと思っていた「まさかの時」に「困った!どうしよう?」で止まらないために、これが、私の提案したいことです。

 

LINEの既読機能

2011年の東日本大震災がまだ記憶に新しく、私自身も身内や知人が被災し、大切な家族を失った友人もいます。その頃は、LINEはまだリリースされていませんでしたが、「既読」機能が追加されたのは3.11がきっかけとも言われているようです(直接確認したわけではないので、あくまでもネット上の知識です)。

 

「既読がついているから、嫌!」という方もいますが、大災害と言わず、日常に潜んでいる「まさか!」の時に、見ただけで既読が着くLINEは、「ああ、良かった!無事でいるようだ!」ということも。

スマホを利用している人は、「常日頃、スマホを持っているよ!」という方が多いのではないでしょうか?私もそうです。メールや時計、お財布機能、ナビ、音楽、動画、TVなどアプリ次第では本当にいろいろ便利なスマホですが、

  • 暗い時の懐中電灯代わり
  • 音声認識でメール送信
  • 情報取得(いち早い災害情報)
  • 家族・知人間の安否確認

など、「まさか!」の時もとても役立ちます。

 

「スマホに変えたけど、使い方が分からなくて・・・」と言って来る方がほとんどです。

  • 文字が入力できない
  • 言葉の意味やアイコンの意味が分からない
  • LINEをやれるようになって!と子供に言われたけど、出来ない
  • 全部〇〇にやって貰ったので自分では何も出来ない

教室では、スマホの操作を覚えるツールとしてLINEを使っています。参加者だけのLINEグループを作って、そこで投稿の練習、写真・ビデオを送る、返信、保存など。

送ってすぐに分かるのもGood!(^.^)

慣れて来ると、写真の編集や動画の編集などもやります。

 

ただ、ケータイからスマホへ変えるには億劫なもの。

また、故障や機種変更、OSのアップデートなどで「せっかく慣れたのに・・・」ということもあります。

 

備えあれば患いなし

そんな時の為に、自分が出来る人になるか、出来る仲間を今から作っておくこと。大事ではないでしょうか?(^.^)

 

About Admin

個人法人を問わず起業を目指している人たち及び、起業して企業経営者となった人たちに対して、企業経営に必要な知識と情報を提供し、それぞれの事業計画に基づいて滞りなく進めることができるように、実務、経営と心理の総合面からのサポートとコンサルに関する事業を行い、地域コミュニティとの連携を積極的に図ってビジネスマッチングを加速させ、起業を通して地域を活性化することに寄与することを目的とする特定非営利活動法人 ACSアシストコミュニティ静岡のオフィシャルサイトです。