Facebookをビジネスに活用したい!と頑張っているあなたへ「IT活用基本のき」

Facebookをビジネスに活用したい!と頑張っているあなたへ「IT活用基本のき」

おはようございます。今日は、Facebookをビジネスに活用したい!と頑張っているあなたへ「IT活用基本のきです。

ところで、昨日の「しっかり伝えてあつまるチラシ作成講座 on Zoom」は、ヒマリ Samanthaさんが参加され、個別セッションを兼ねて行いました。

※「しっかり伝えてあつまるチラシ作成講座 on Zoom」は、ACS会員限定の講座です。

ヒマリさんは、Himawari EnglishのFacebookページを起ち上げ、三島市や長泉町で英会話教室を開催していますが、集客アップのため、積極的に告知して行こう!としています。Facebook個人ページもビジネスで使えるように作りなおしました。

 

IT活用基本のき

★さぁ!今日もお店をオープン!

これを行動に表すと
↓ ↓ ↓
おはようございます!投稿になります。

お店を持っている方は、開店前に店の前を掃いて、通りがかった人には「おはようございます。」とあいさつしますね。知っている人だけではなく、知らない人にも。

Facebookの朝の投稿も、これと同じです。

⇒ 少なくても1日1回は、投稿しましょう!


★投稿のテーマは、2:8

Facebookをビジネスに活用したい!と頑張っているあなたへ「IT活用基本のき」

Facebookをビジネスに活用しよう!と思っている方は、プライベートな話題を2割。自分のビジネスに関する話題を8割にします。
↓ ↓ ↓
理由は、『この人は、〇〇をしている人』と印象付けるためです。ブランディングとも言いますね。

⇒ 会員のみなさんを例に取ると
●ヒマリさんだったら・・→ 大人から赤ちゃんまで英会話を教える先生
山口 衛さんだったら・・→ 痛い時に連絡するキネシオテープの先生
青木 久美子さんだったら・・→大根スムージーでダイエットする先生
●etc.

こんな風にパッと『この人は、〇〇をしている人』と見込み客にインプットすることが大事です。

 

☆プライベートな話題(2割)で心掛けること

⇒ 明るく、ポジティブな投稿
⇒ 目を引く写真(赤ちゃんの笑顔、可愛い動物、綺麗な花の順で目を引くと言われています)


☆自分のビジネスに関する話題(8割)の書き方

1.あいさつ(こんにちは。今日はお天気が良いですね。)

2.日常のニュース(昨日、こんな光景を見ました。)

3.専門性を出す(実は、〇〇な時は△△するといいですよ!)

4.PR(もっと知りたい方、〇〇で困っている方、是非ご参加ください。

□月□日、〇〇講座を開催します。

お問合せ、申し込みは*****へ イベントのURL:*********)

と、こんな感じで投稿すると、

  • 押し付け感なく
  • 〇〇に関心のある人は、最期までスーッと読めて
  • 「行ってみようかな?!」という気分になります。

 

このアドバイスを受けてこうなりました。

 

 

Himawari English

Himawari English

 

★売れる商品やサービスには戦略がある

なんとなく・・・書いている

忙しいから・・・簡単に書いちゃう

ではなく、「こうして欲しいから、こうする!」というのが戦略です。

「戦略は、人・物・金の経営資産が潤沢にある大手企業がするもの」ではありません。人・物・金の経営資産がないからこそ、個人経営や小規模経営では、戦略が必要です。

 

Facebookをビジネスに活用して、認知度をアップし、集客アップに繋げたい。

それを実現する基本のきは、

⇒ 毎朝の「おはようございます。」投稿の継続と

⇒ Facebookページの投稿回数アップ

⇒ 個人ページへのシェア

⇒ 他のグループへのシェア

を実践することです。


★ブログの投稿の仕方

☆自分のビジネスに関する話題(8割)の書き方と同じです。

1.ブログ投稿 ⇒ Facebookページ、アメブロ、Twitterなどへシェア
2.Facebookページ ⇒ Facebook個人ページやグループへのシェア

Facebookは、シェアやコメント、いいね!の数が多いとオーガニックリーチ(Facebookが行う配信)が増えます。


長くなりましたが、意識を変えてくださいね。(^^♪

 

一緒に学びましょう!

【4/19(木)集客に活かす「アクセス解析」勉強会 on Zoom】(13:30 – 15:30)です。

※締め切りは、4/18(水)午後9時です。

5/16(水)集客に活かす「アクセス解析」勉強会 on Zoom

 

では、今日も良い一日にしましょう!(^.^)

 

Categories: 経営と集客Tags: