起業家=企業家 そこにあるものは(座間先生からの回答)

先週の日曜日(11/26)に、平成29年度潜在的創業者掘り起こし事業として開催している『創業・新規事業立上げに失敗しないための ビジネスシミュレーション講座』(経済産業省認定創業スクール)の第5回目が終了しました。

第1回から第5回までは、座間正信先生に担当して頂いて、受講者の皆さんからはとても好評でした。(^.^)

 

受講者からの質問と回答

座間先生は、講座の内容や自分のビジネスについて質問があると毎回、迅速に、丁寧に回答して下さっているのですが、今回のISさんからの質問は、これまでとは少し違って企業家としての在り方、心の持ち方、自身の行き方に関するものでした。ISさんは、来年秋ごろの起業を目指しています。

「座間先生は、こんな風に考えたり、思ったりして毎回の講座に臨んでいらっしゃったんだなぁ!」と、読んでいてじんわりと伝わるものがありました。とても素敵な回答だったので、了解を得てご紹介します。(^^♪


ISさんへ 以下回答します。

【基本コンセプト】

Q1:自分の生き方と会社の理念は一緒で良いですか?

(回 答)

質問が漠然としていますので、一般論で回答します。

自分の生き方とは自分自身が決めるものです。ものすごく簡単に言えば、「やりたいことをやる」「自分の力が発揮できることをやる」「楽しいことをやる」でいいと思います。

一方、会社の理念とは、多くの社員にとっての目標の方向性とか行動規範となるものです。様々な社員がいる中で、会社の進みたい方向を示すことで、「大勢の力をまとめる」というために経営理念は必要なのです。

仮に、自分の「生き方」が会社の理念と大きく異なる場合には、その会社に勤めることは苦痛になるでしょう。勝手気ままに、自由奔放に生きたいと願う人が毎日同じ作業をコツコツやることを強制されるのは苦痛です。

一方、会社の理念は、原則として、会社での仕事に限定されますので、自分の自由な時間は自分の生き方をすればいいのです。会社の理念と自分の生き方の折り合いがつくのであれば、理念と生き方が異なっていても問題はないでしょう。

答えになってますか?

 

【座間先生への質問】

Q2:ビジネスを失敗する人と成功する人の差は、何ですか?成功者の定義はありますか?成功者の共通項はありますか?

(回 答)

これも難しい質問ですので一般論で回答します。なお、以下の回答はビジネスに限らず全てにおいて当てはまると思います。

まず、成功者の定義ですが「自分が成功した」と思える人が成功者です。一方、「自分は失敗した」と考える人が失敗者となります。

ではどのような人が「自分が成功した」と思えるか?ですが、一般的に目的を達成したと思える人が「成功者」となります。失敗者は目的を達成できなかった人ということですね。

つまり、周りの人の意見は関係なく、周囲から見てどんなに低い目的を設定したとしても、やり遂げてしまえば成功者ですし、やり遂げられなければ失敗者といえます。

 

失敗者によく見られる特徴は諦めてしまうこと、やめてしまうことです。

当初設定した目的を達成することが難しい、メンドクサイ、本当にやりたいことではなかった、時間がかかりすぎる、お金がない、などの理由をつけて簡単に諦めてしまう人がいますが、そのような人は決して成功者になれません。諦めずに挑戦し続けれれば、例え上手く行かないことが続いたとしても、それは上手く行かない状態の経験をしているだけであり、失敗とは言いません。最後に目的を達成すれば成功者になれるのですから。

そうは言っても、やることなすこと上手く行かないことが続くと心が折れてしまいます。続けることができなくなるのです。

そうならないためにも、自分は最終的にどこに行きたいか、どうなりたいかを明確にして、その目的に行くためにはどうすればいいかを真剣に考えるのです。そして、いきなり目的地にたどり着くことが困難な場合(多くの場合困難です)には、目的地に至る途中に目標を作るのです。

できれば、ちょっと頑張れば達成できるレベルの目標がいいですね。その小さな目標を達成することで成功体験を積むのです。

よく、「小さな一歩」といいますが、「小さな成功体験」を積み上げることで満足感を得ることが重要です。そして、小さな成功に満足して次の目標に挑み続けること。この繰り返しを続けることができる人が最終的に成功者となる傾向が強いです。

まとめると、

成功者になるには、しっかりとした目的(ゴール)を定め、目的に至るまでの小さな目標をたくさん置いて、一つ一つを確実にクリアし続けられる人といえます。

失敗する人は、ちょっとした結果のみに一喜一憂して、いい結果がでないとすぐにやる気を失い、簡単に諦めてしまう人、といえます。

ISさんも自分の目的地をしっかりと定め、その目的に沿った目標を一つ一つクリアしていき、小さな成功を積み重ねてください。

以上です。


【座間先生の関連記事】

10/8(日)スタート『経産省認定創業スクール』

 

経済産業省認定 創業スクール第4回目の様子

 

補助金が通らなかった!補助金なんて関係ない!と思っている方へ


小さく始めて確かな未来を!

1人より2人。2人より3人。

集まることでパワーを!

ACSは、起業・創業したい方と起業・創業後の1人社長さんに伴走して、皆さんお一人お一人に寄り添って支援して行くNPO法人です。お気軽にお問合せください。