補助金や公的支援をステップアップに活かす!

昨日のミラサポメルマガのタイトルは、「公的支援をきっかけに、攻めの経営に取り組むジれを紹介!」でした。11/19(日)に「失敗しないためのビジネスシミュレーション講座」(沼津市後援・ぬまづまちづくりファンド事業)を終了したばかりでしたので、タイトルに惹かれ読んでみました。

 

愛知県豊川市に工場・店舗を構える老舗のパン屋さんの事例です。

Webでの情報発信で売上向上へ。さらに全社的視点で事業承継に取り組むより

ヤマトパン株式会社の久世太司氏は、老舗パン店の次期社長。取引先の金融機関から専門家支援の活用を勧められたこともあったが、そうした活用を経験したことがなく二の足を踏んでいた。ところが、年齢が近く相性も良い中小企業診断士と出会い、会社経営への取り組みがより積極的になっていった。そして来年の事業承継を目指し、さらに経営改善を強めている。(「公的支援をきっかけに、攻めの経営に取り組むジれを紹介!」より)

 

相性も良い中小企業診断士と出会い、会社経営への取り組みがより積極的になっていった←、ここが変化点だったのですね。

やはり、出会いなんですね~

 

成功の要因は、Webサイトの開設効果的なマーケティング!とのことです。

 

ホームページがあれば売れる!ということはありません。これは、著名なマーケターのみならず、多くの経営者が感じていることだと思います。でも、ホームページを効果的に、きちんと活用することで結果がついて来る、良い事例だと思います。

「ただ作れば良い・・・」は、✖ですね。

「作る!」と決めたら、

どのように伝えるか?

どのように伝わるか?

そして、何をアピールしたいか?

が大事です。

 

自分には関係ないと思っていたみなさんも

2つの「ビジネスシミュレーション講座」の講師を務めてくれている座間正信先生による1dayセミナーで、

「補助金や公的支援ってどんな仕組み?」

「どう活用すれば良いの?」

を聞いてみませんか?

1/28(日)採択されやすい補助金申請書の作り方セミナーのご案内

 

4月から静岡県の専門家として出会える?

座間先生は、来年4月より静岡県の総合支援機関から専門家として派遣される予定とお聞きしています。今回の「ビジネスシミュレーション講座」に参加して頂いたみなさんの創業・新規事業の立上げには、とても嬉しいニュースです。

3ヵ月ともに学んで、練り上げたみなさんのビジネスプランの評価を受けられる補助金申請と、実際に創業や新規事業のスタートに当たってよりきめ細かいアドバイスを活かせるチャンス!だなぁと期待しています。(^^♪

中小企業診断士&弁理士 座間正信氏


ACSは、起業・創業を考えている方と起業・創業後3年以内の方の経営を伴走型でアシストしています。お気軽にお問合せください。