定年後の20年を今から真剣に考える”仲間”を募集します。

日本人の平均寿命は、年々伸びています。30年後には5歳アップする!(内閣府発表)

65歳から、あるいは、75歳からの20年、25年をどう生きるか?

今から考え、シミュレーションし、準備しておくことが確かな未来には必要ですね。

 

中小企業は設立から10年で倒産する確率90%超!

創業1年後で約30%が消滅し10年後の生存率は約25%

新規開業にあたり、創業者は資金調達をはじめ、人材の調達や顧客の獲得などの困難を克服しなければなりません。しかし、こうした課題をクリアして開業にたどりついたとしても、必ずしもすべての企業が、その後順調に成長していくわけではわりません。実際、創業1年目で約30%近くが消滅するという高い退出率であり、さらに5年後の生存率は約40%、10年後では約25%の企業しか生存していないのです。

また、個人事業所の場合は会社に比べ生存率が低く、創業1年目の退出率が約40%、5年後の生存率は約25%、10年後では約10%の生存率となっています。

原因として、開業時において創業者は、経営上の困難を乗り越えることができる、知識やノウハウが乏しく、わずかな見込み違いが存廃に大きな影響を与えていることが考えられます。(引用:和田経営事務所)

 

チーム起業が注目!

1人で起業した場合に比べて2~3人のチームで起業した方が生存率が高いという調査結果が『10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのかという本の中で紹介されていますね。興味のある方は、是非読んでみてください。

資産10億ドル保有者「ビリオネア」はなぜ成功したのか。世界的コンサルティングファームのPwCが16カ月かけて調査した結果をまとめたのが本書である。(引用:Amazon)

とは言え、そんなに簡単にパートナーが見つかるものではありませんね。その後の経営も意見が割れたり、資金繰りでもめたり、様々なトラブルが予想されます。

 

 

でもジェイ・エイブラハムのこの言葉も、本当だと思いませんか?

「起業のパートナーを見つける」という出会いまでは行かなくても、「共に学ぶ仲間」を作ることはできます。

1人より2人。2人より3人。

集まることで力になる!

 

これに共感する人たちで『仲間』を作ります。

【内容】

  • 定年後の生活について
  • 起業について
  • 就職について
  • 生活設計について
  • 情報交換
  • 交流

これらをテーマに、トークやワークショップ、セミナー受講、交流会、その他、参加者による企画で運営し、共により良い人生を生きることを目的に集います。

 

【募集対象】

  • 会社員、団体職員の方で、定年後の生活を今から真剣に考える方
  • 静岡県東部地域に在住の方
  • 性別、年齢制限無し

【集まる頻度】毎月、1〜2回程度を予定

【時間】参加し易い時間帯で2時間程度を予定

【曜日】参加者が集まったところで決定

【場所】沼津駅北口徒歩2分 プラサヴェルデを予定

【参加費】会場費及び資料代として2,000円/1回程度を予定

【主宰】特定非営利活動法人ACSアシストコミュニティ静岡

【付記】

ACSは、起業する方と小規模経営の個人事業主を経営と心身両面からアシストすることを目的に設立されたNPO法人で、士業などの経営の専門家、心と身体のケアのプロをサポーターに迎えて活動しています。

この「定年後の生き方を今から真剣に考える仲間を募集!」は、ACSの会員募集とは異なるものですが、入会は歓迎です。(^^♪

 

【問い合せと申込み】