事業の行き詰まり(廃業)の一番の理由は、資金ショートですが、

起業前と起業後の一番の不安何か?

という質問の第1位と第2位の回答は、資金繰り集客です。(日本政策金融公庫総合研究所発表

どちらか一方というわけでは無く、この2つは密接に関連しています。

現実に、開業時に資金が不足していると失敗する可能性が高いという調査結果も出ています。

 

⇒ そもそも資金はいくら要るのか?

⇒ 資金は充分に準備出来るのか?

⇒ 手持ちで不足した資金はどうするのか?

これを解決する唯一の方法は、失敗しないビジネスプランを作ることです。

失敗しないためには、ビジネスプランを何度もシミュレーションすることです。

でも、ビジネスの素人が何度シミュレーションしても意味がありませんね。

 

政策金融公庫を利用する

起業時に個人資産を担保に提供できない場合の融資先は、日本政策金融公庫がほとんどの場合頼みの綱になるでしょう。

その時に必須なもの、それはビジネスプランです。しかも、

✖とりあえず、申請の為に作った

✖申請書を作って貰った

は、通用しません。何故か?は、「起業・創業」金融機関から見た適不適ポイントとは?」をご覧ください。

 

専門家(企業診断士)がサポート

ACSでは、ビジネスコンテストの審査経験のある専門家によるビジネスプラン作成講座や補助金申請講座開催、会員一人一人に寄り添った伴走型の個別サポートを特徴にアシストしています。

◎夢をかたちに ⇒ ビジネスプラン作成

◎失敗しない ⇒ 専門家によるビジネスシミュレーション

◎資金繰り ⇒ ビジネスプランを活かして補助金活用

◎集客・販促 ⇒ 最小限のコストで集客(インターネット活用

◎デスクワーク ⇒ 営業の事務に強くなる(業務用ソフト

ACSは、この5つを会員のみなさんに伴走して「経営が軌道に乗るようにアシスト」して行きます。

 

起業を目指している方、起業間もない方、小さな会社の社長さんに「小さく始めて確かな未来」を作るためのノウハウを提供しています。

問い合せは、こちら!

 

ACSは、起業・新規創業を目指す方と小さな会社の経営を伴走してアシストするNPO法人です。

 


ACSは、特定非営利活動法人(NPO法人)として以下の事業を行います。

  • 起業家を育成する事業
  • 企業経営者向け経営全般に関する教育事業
  • 地域活性化促進事業
  • 普及啓発事業
  • その他この法人の目的を達成するために必要な事業

 

(特定非営利活動法人 ACSアシストコミュニティ静岡 定款第5条